ワイヤレスイヤホン

【PaMu Mini】開封レビュー|高音質とコンパクトを兼ね備えた完全ワイヤレスイヤホン

こんにちは、イヤホン情報局のInoueです。

今回は、先日発売されたPadmateの「PaMu Mini」をご紹介します。

Padmate(パッドメイト)はオーディオ系プロダクトで世界トップを目指している企業で、前モデルのPuMu Slideは海外のクラウドファンディングIndigogoにて6億円以上を調達しています。

こんな方におすすめ

  • 1万円前後でコスパの高いイヤホンを探している
  • 他のワイヤレスイヤホンだとフィット感が良くない
  • 流行りものではなく、洗練された製品が良い
  • ジムでの使用を想定
  • ビジネスシーンでの使用を想定

いざ開封

PaMu Mini 箱

外側の包みを外すと、「PaMu Mini」と印字された箱が出てきます。

PaMu Mini 箱

箱を開けると、イヤホン本体、ケース本体が入っています。

PaMu Mini 箱の内側

箱の内側には、ペアリングの手順が記載されています。

開封して、説明書を見なくても、すぐにペアリングできるので良いですね。ユーザ目線。

PaMu Mini 箱の内側(ペアリング手順)

箱は2段式になって下には付属品は入っています。

付属品

・持ち運び用のキャリングケース

・充電ケーブル

・イヤーチップ

・取扱説明書

イヤーチップはS, M, Lのサイズ違いが3種類、そしてより耳の深くまで装着できるS+, M+, L+の3種類、合計6種類が用意されています。

PaMu Mini 付属品

ココがポイント

最小クラスの小型ケース

本体ケースは、かなりコンパクトになっています。

前のPaMu Slideと比べると、3分の1以下のサイズになっています。

ここまで、サイズダウンできるのは、企業努力ですね。

世の中に出回っている完全ワイヤレスイヤホンの中でも、最小クラスのサイズだと思います。

PaMu Mini 本体ケース

バッテリーの残量を4段階でLED表示します。

PaMu Mini 本体側面

充電はUSB TypeCに対応しています。また、後述しますが、ワイヤレス充電にも対応しています。

PaMu Mini バッテリー差込口

イヤホン本体は、横置きに収納されています。

取り出しやすいように、ケースの左側に右イヤホン、右側に左イヤホンが収納されています。これもユーザ目線の工夫点ですね。

PaMu Mini 収納

イヤホン本体と収納ケースはマグネット式で収納されるようになっており、ケースに収納されると自動的に充電が開始されます。

PaMu Mini ケース

ココがポイント

装着部分がシリコン製

イヤホン本体になります。シックな黒で非常にデザイン性も高いシルエットになっています。装着部分がシリコン製になっているので、装着した時のフィット感、ずれ落ちにくさが格段に良いです。

PaMu Mini イヤホン本体

イヤーチップは、楕円形と独特な形状になっており、これにより装着感がアップしています。実際、首を振ってもまったく落ちなかったので、スポーツやトレーニング時に使用する方も安心ですね。

PaMu Mini イヤホン本体

 

ココがポイント

ワイヤレス充電「Qi」に対応

最近の流れでは、必須機能と言ってもいいかもしれませんが、PaMu Mideでももちろんワイヤレス充電に対応しています。

ワイヤレス充電の「Qi」に対応していますので、別売りの充電パッドがあれば、ケーブルに繋がなくても充電が可能です。

PaMu Mini 充電

開封レビューはここまで。次回は、使用感(機能・音質)について紹介します。

現在、PaMu Miniは、Amazonで購入することができます。

-ワイヤレスイヤホン

Copyright© イヤホン情報局 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.